キウイ

合成葉酸とは?

天然素材の葉酸と合成葉酸が存在しますが、天然素材の葉酸はあくまでも野菜類などの食物から抽出してつくられていますが、合成葉酸は石油から抽出される生物由来の有機物を利用して作られています。

合成葉酸は、石油に含まれる有機化合物であるバイオマーカー中の葉緑素に由来のポルフィリンから抽出されるクロロフィル(葉緑素)とシアノコバラミン(ビタミンB12)などがあり、シアノコバラミンから葉酸(ビタミンB9)を作り出していると考えられます。
これと同時にヘム成分も存在するため、赤血球のヘモグロビンにも利用できます。
バイオマーカーは、燃料に精製するのに必要がないため、不純物として除去されたもので、医薬品生物学において重要な役割を担っています。
サプリメントとしての見分け方は、原材料名の欄に、葉酸と明記されているのが合成葉酸です。
価格的にも安価ですから、1日当りの摂取量を低めに設定(150μg程度)して使用してください。

現在の化学では、ほぼ全ての栄養素を分離させることが可能ですので、不純物として別の成分が混入することはありませんので安心して摂取していただくことができます。
また、これ以外に注目されているのはビフィズス菌の存在です。
この菌は腸内でビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン(ニコチン酸)、葉酸を生合成することが可能な菌です。